新型コロナ 福島県内の情報

若松で新たに2人感染 新型コロナ

2020/10/14 08:05

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有

 県は新たに会津若松市の七十代無職女性と五十代無職女性の新型コロナウイルス感染が確認されたと十三日、発表した。二人は十二日に陽性が判明した。県内の感染確認は十日連続で、累計三百十九人となった。

 県によると、二人は同居家族。七十代女性は九日にせき症状が出て、翌十日も続いたため医療機関を受診した。十二日に別疾患で入院する際に検体を採取し、陽性と判明した。軽症だという。現時点で感染経路は分かっていない。五十代女性は七十代女性の濃厚接触者として検体を採取し、感染が確認された。症状はない。

 二人は県内の医療機関に入院している。

■県内5人退院

 県は十二日に新型コロナウイルスによる入院者五人が県内の医療機関から退院したと十三日、発表した。

 十二日現在の入院者(宿泊療養施設を含む)は六十七人で、このうち三人が重症となっている。