3日花火の魅力堪能して 福島空港でツーリズム普及イベント

2020/10/30 09:20

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有

 花火ツーリズム普及応援企画イベントは十一月三日午前十時から、福島空港(須賀川市・玉川村)で開かれる。オリジナルの花火玉を作る体験ワークショップで花火の魅力に触れられる。午後六時に玉川村役場周辺から花火を打ち上げる。

 エイチ・アイ・エスの主催、須賀川市、玉川村の後援。須賀川市の糸井火工と二本松市の川崎火工服部煙火店の協力。福島県や福島空港の魅力をPRし、交流人口拡大を目的に企画した。新型コロナウイルス感染拡大で落ち込む地元経済の回復や、コロナ禍で苦しむ花火業者へのエールにもつなげる。

 体験ワークショップでは、幼児や小学低学年が三号玉レプリカに絵を描き、手形やシールを付けてデコレーションする。小学高学年は半皮につるしひもを取り付けたり、のりを付けた紙を貼ったりして花火レプリカを作る。

 参加費は無料。時間は午前十時半、十一時半、午後一時半、二時半、三時半からの計五回。それぞれ先着九組とする。所要時間は約五十五分。

 参加者に会場内に出店するキッチンカーや物販ブースで使えるクーポンを贈る。物販ブースでは花火レプリカや線香花火、Tシャツ、キーホルダーなどの花火グッズなどが買える。

 問い合わせはエイチ・アイ・エス担当者の照井俊希さん 電話080(3524)2562へ。