大河原(帝京安積高出身)ら11選手が退団 福島レッドホープス

2020/11/12 10:56

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有

 プロ野球独立リーグ・ルートインBCリーグの福島レッドホープスは11日、主将の小倉朋之を含む11選手が退団すると発表した。このうち県勢では大河原雅斗(帝京安積高出身)と佐賀悠(尚志高出身)が退団する。

 大河原は「福島レッドホープスの経験は自分を成長させてくれた3年間でした。大変お世話になりました」、佐賀は「選手の中では最も長く在籍し、思い出の量も膨大なものになりました。感謝を忘れずに自分らしく挑戦していきます」とコメントした。

 他の退団選手は伊藤侃嗣、遠藤智騎、竹本淳、日比翼、兼板優貴、高野勇太、宮田郷史、ジュニオール・サンタナ。