2019年度分の賠償7億円余請求 東電にいわき市

2020/11/26 10:41

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有

 いわき市は二十五日、東京電力福島第一原発事故に伴う二〇一九年度分の損害賠償として東電に七億五千四百六十二万円を請求した。

 内訳は汚染焼却灰の処理や保管費用など六億三千五百二十三万円、職員人件費など一億九百三十六万円、脱水汚泥の処理費用など千二万円。

 福島第一、第二原発の廃炉に向けた安全対策の徹底、浜通りの産業復興を支える風力産業の創出・育成などを申し入れた。

 清水敏男市長が市役所で大倉誠東電福島復興本社代表に申し入れ書などを手渡した。

 事故発生後の二〇一二(平成二十四)年から毎年請求している。