14日から「うそかえ祭」 福島・飯坂の西根神社

2021/01/13 08:10

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
鷽鳥の木彫りを準備する神社関係者
鷽鳥の木彫りを準備する神社関係者

 福島市飯坂町の西根神社の「どんと祭」と、境内に祭られている高畑天満宮の「うそかえ祭」は十四日から十七日まで催される。

 小正月の伝統行事で、うそかえ祭では一年の災いを身代わりになって良いことに替えるとされる縁起物「鷽鳥(うそどり)」の木彫りを販売する。大小五種類で、数に限りがある。合格祈願や家内安全、商売繁盛など、全てに御利益があるとされる。鷽鳥のストラップや鷽笛などのお守りもある。時間は午前九時から午後九時(十七日は同五時)まで。

 県新型コロナウイルス感染症対策本部の指導を受け、センサー式自動アルコール噴霧消毒器材を設置するなど感染症対策を講じる。混雑を避けるため、鷽鳥の木彫りは化粧箱に入れた状態で販売する。参拝者にはマスクの着用に加え、雪や雨の備えと、人と人との距離を保つべく傘の持参を呼び掛けている。

 どんと祭では正月の松飾りや古くなったお札、お守りなどを御神火でたき上げる。