第6回ふくしま産業賞 特別賞 トキワ印刷(須賀川) 古紙を活用し緩衝材

2021/01/28 23:29

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有

 一九一四(大正三)年の創業で、郵便はがきやチラシ、パンフレットの印刷事業を展開する。関連した製品作りにも取り組み、はがき用紙の裁断くずを活用した緩衝材「ワンダーエコ」は軽量で断熱効果に優れている。焼却してもダイオキシンが発生せず、幅広い用途が見込まれている。

 ワンダーエコは、はがきの印刷工程で発生する古紙を粉状にして、発泡させて作る。独自の技術を開発し、二〇〇二(平成十四)年に特許を取得した。現在では、繭玉状の「ワンダークッション」や板状の「ワンダーボード」、保冷箱「スーパーチルドエコU」を販売している。二〇一一年の東日本大震災や二〇一九(令和元)年十月の台風19号では、弾力性があり、保温効果を有するワンダーエコ製品を避難所に届けた。

 地域活性化にも貢献している。須賀川商工会議所と連携し、ウルトラコースターの企画から製作、販売までを担った。県印刷工業組合製作の「ふくしまのいろ」色鉛筆五百セットを須賀川市に贈った。佐久間信幸社長(62)は「プラスチックゴミ問題や新しい生活様式の定着など、目の前の課題解決に向けて挑戦していく。時代に求められる商品を作り続ける」と言葉に力を込めた。

■メモ

▽設立=1914(大正3)年2月

▽社長=佐久間信幸

▽従業員数=135人

▽住所=須賀川市森宿字ヒジリ田50

▽電話番号=0248(75)2145