震災10年に合わせ報道写真パネル展 3月にかけ県内各地で民報社

2021/02/11 09:09

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
被災状況や復興の様子を紹介しているパネル展=福島市のコラッセふくしま
被災状況や復興の様子を紹介しているパネル展=福島市のコラッセふくしま

 福島民報社は東日本大震災と東京電力福島第一原発事故の発生から十年を迎えるのに合わせ、二月から三月にかけて県内各地で「震災10年 報道写真パネル展~あの日から…明日へ~」を開いている。

 「2011~2021報道写真集 東日本大震災・原発事故 ふくしま10年」と手記集「10年の絆 福島県民と全国警察官の復興への思い」の発刊に合わせて企画した。二〇一一年から二〇二〇年までの被災と復興の様子を、本紙の報道写真でたどる。福島市のコラッセふくしま、国見町の道の駅国見あつかしの郷、双葉町の東日本大震災・原子力災害伝承館ではすでに展示が始まっている。

 問い合わせは福島民報社事業局 電話024(531)4171へ(平日午前九時~午後六時)。展示日程は次の通り。

 ▽コラッセふくしま(福島)=2月16日まで▽道の駅国見あつかしの郷(国見)=3月19日まで▽東日本大震災・原子力災害伝承館(双葉)=3月31日まで▽白河市立図書館=2月17日~21日▽四季の里(福島)=2月20日~▽JR福島駅2階東西連絡通路=2月22日~3月15日▽道の駅伊達の郷りょうぜん(伊達)=2月22日~3月15日▽県立博物館(会津若松)=2月下旬~3月21日▽いわき・ら・ら・ミュウ(いわき)=2月24日~3月5日▽あづま総合体育館(福島)=2月27、28日(東日本大震災復興10年イベント・福島ファイヤーボンズ スペシャルマッチ)▽東邦銀行本店ロビー(福島)=3月1日~5日▽道の駅なみえ(浪江)=3月1日~15日▽うすい百貨店2階特設会場=3月3日~8日▽ショッピングモールフェスタ(郡山)=3月8日~14日▽セデッテかしま(南相馬)=3月8日~31日▽こむこむ(福島)3月11日~28日