第一原発1号機格納容器圧力低下 放射線量変化なし

2021/02/22 09:13

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有

 東京電力は二十一日、福島第一原発1号機の原子炉格納容器の圧力が低下したと発表した。福島県沖で十三日に発生した最大震度6強の地震に伴い、原子炉格納容器の水位が下がった影響とみている。周辺の放射線量に変化はないとしている。

 東電は、水位低下により格納容器の損傷部分の一部が露出し空気が抜けたことで、圧力が下がったと推測している。圧力は二十一日午後五時半ごろは一・二一キロパスカルだったが、同六時ごろには〇・九〇キロパスカルとなった。原子炉への注水は継続しており、格納容器底部にある溶融核燃料(デブリ)の冷却などに問題はないという。

 1号機と3号機では地震で格納容器の損傷部分が拡大し、原子炉建屋内に漏れ出る水量が増えた可能性がある。格納容器底部からの水位は1号機で約一・九メートルから四十~七十センチ程度、3号機で約六・三メートルから三十センチ程度それぞれ下がった状態が続いている。