ウルトラマン基金に110万円 福島民報社、広告協賛金の一部寄付

2021/03/16 11:21

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
塚越会長(右)に目録を手渡した野村支社長(左)
塚越会長(右)に目録を手渡した野村支社長(左)

 福島民報社は十五日、円谷プロダクションが中心となって東日本大震災後に子どもたちを支援するために設立した「ウルトラマン基金」に百十万円を寄付した。

 十二日付の福島民報に掲載した広告企画「東日本大震災から十年特別企画 ふくしまの未来 子どもたちの未来」の協賛金の一部を寄せた。

 広告企画はウルトラマン基金の協力を得て、紙面上でウルトラヒーローが県内の子どもたちに応援メッセージを送った。二百九十社が協賛した。

 野村辰行福島民報社東京支社長が都内の円谷プロダクションを訪れ、塚越隆行会長に目録を手渡した。塚越会長は「今後も福島の皆さまに寄り添い、継続的な支援を続けていきたい」と述べた。ウルトラマンも立ち会った。