Rホープス初勝利 福原サヨナラ本塁打 BCリーグ

2021/04/25 09:26

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
【神奈川―福島レッドホープス】9回裏、福島2死、福原が中越えにサヨナラ本塁打を放ち、両手を突き上げてホームイン
【神奈川―福島レッドホープス】9回裏、福島2死、福原が中越えにサヨナラ本塁打を放ち、両手を突き上げてホームイン

 プロ野球独立リーグ・ルートインBCリーグの福島レッドホープスは24日、福島市の信夫ケ丘球場で神奈川フューチャードリームスと対戦し、6-5でサヨナラ勝ちした。連敗を5で止め、今季初勝利。通算成績を1勝5敗1分とした。

 ホープスは一回、菊名裕貴の2点本塁打で先制。四回には佐藤翔の左前適時打と大泉周也の犠飛で4-0とリードを広げた。しかし、五回に守備の乱れや先発若松駿太の暴投などで1点差に詰め寄られ、七回に犠飛で同点に追い付かれた。

 七回裏、1死一、二塁の好機をつくり、福原大生の左前打と相手の失策で勝ち越しに成功した。九回に再び同点とされたが直後に福原が中越えにサヨナラ本塁打を放った。

 岩村明憲監督は「ようやく勝てた。これから負けた分を取り返していきたい」と前を向いた。