智恵子の居室特別公開 30日まで二本松

2021/05/02 10:29

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
特別公開されている智恵子の居室
特別公開されている智恵子の居室
「青い魚と花」(右)などの実物を展示している記念館
「青い魚と花」(右)などの実物を展示している記念館

 高村智恵子生誕祭は二本松市油井の智恵子の生家・智恵子記念館で三十日まで開かれている。生家二階の「智恵子の居室」を特別公開し、繊細な美しさの紙絵の実物を展示している。

 五月二十日の智恵子の誕生日に合わせた事業。居室は光太郎と結婚後の帰郷の際などにも過ごしたとされ、当時の状態で保存されている。公開は一~五日、八、九、十五、十六、二十、二十二、二十三、二十九、三十日。

 紙絵は智恵子がゼームズ坂病院での闘病中に制作した「青い魚と花」などの実物十点を二十五日まで公開している。紙絵をモチーフとするカード、しおり作りを十五、十六、二十二、二十三、二十九、三十日に実施する。

 入館料は高校生以上四百十円、小中学生二百十円。