みどりの日企画

【みどりの日企画】「エール」の聖地 まばゆい新緑 福島の水林自然林

2021/05/04 00:04

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
みずみずしい新緑に包まれている水林自然林。人気スポットの「エール」の撮影地には訪れる人が絶えない福島の水林自然林
みずみずしい新緑に包まれている水林自然林。人気スポットの「エール」の撮影地には訪れる人が絶えない福島の水林自然林

 四日は「みどりの日」。県内は新緑がまばゆい季節を迎えた。福島市の水林自然林ではクヌギやカエデ、ナラなどが生い茂り、日差しを受けて輝いている。

 水林自然林は同市出身の作曲家古関裕而さんと妻金子さんをモデルにし、昨年放送されたNHK連続テレビ小説「エール」のオープニングに登場した。ゆかりの地として、放送終了後も多くの人が訪れている。

 南方から渡ってきた夏鳥キビタキやオオルリが美しい鳴き声を響かせながら木々を飛び交う。野鳥愛鳥家たちはその姿を捉えようと、早朝からカメラを構えている。