福島ホープス連勝逃す BCリーグ

2021/05/04 09:37

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
【福島レッドホープス―群馬】7回表、福島2死満塁、幸田が左前適時打を放つ
【福島レッドホープス―群馬】7回表、福島2死満塁、幸田が左前適時打を放つ

 プロ野球独立リーグ・ルートインBCリーグの福島レッドホープスは3日、群馬県高崎市の城南野球場で群馬ダイヤモンドペガサスと対戦し4-10で敗れ、連勝を逃した。通算成績は2勝8敗1分け。

 レッドホープスは先発国分渉(ふたば未来学園高出身)が群馬打線につかまり、三回までに5失点と追いかける展開となった。1-7で迎えた七回表、菊名裕貴の中前適時打で1点を返すと、2死満塁から幸田風揮が左前適時打を放ち2点を上げ、追い上げを見せた。

 その裏、4番手の岸波大雅(白河実高出身)が味方の失策が絡みピンチを招くと、二塁打2本を含む3安打などで失点を重ねた。