外出自粛、時短要請始まる 福島県、非常事態を発令 県全域対象

2021/05/16 09:16

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
県独自の非常事態宣言の発令を受け、人影がまばらな会津若松市の鶴ケ城周辺=15日午後3時30分ごろ
県独自の非常事態宣言の発令を受け、人影がまばらな会津若松市の鶴ケ城周辺=15日午後3時30分ごろ

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、県は十五日、独自の非常事態宣言を発令した。全県民に不要不急の外出自粛を求めている。新型コロナウイルス対応の改正特別措置法に基づく県の緊急特別対策も同日、県内全域を対象に始まった。酒類などを提供する飲食店への営業時間短縮を要請している。三十一日まで。

 営業時間短縮の対象はスナックや居酒屋、カラオケ店、マージャン店など。午後八時から午前五時までの時間帯の営業自粛を求める。酒類の提供は午前十一時から午後七時までとする。

 県は時短要請に応じた店舗に協力金を支給する。外出自粛や時短要請による影響で売り上げが減少した飲食店以外の中小事業者には一時金を支給する。


■県内観光地 静かな週末

 県内観光地は静かな雰囲気の週末となった。会津若松市の鶴ケ城は例年、多くの観光客でにぎわう時期だが、非常事態宣言発令初日の十五日は人影がまばらだった。