相馬市 来月19日から個別接種 集団方式から切り替え

2021/06/19 14:41

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有

 福島県相馬市は新型コロナウイルスワクチン接種で、現在行っている集団接種方式を七月十七日までとし、同十九日から市内の病院二カ所での個別接種に切り替える。十八日、市が方針を示した。

 市によると、市独自の集団接種方式の運用で市内の全接種希望者約二万四千四百人のうち97%(約二万三千六百人)が来月十七日までに二回の接種を終える見通しとなり、同日で市の集団接種会場二カ所を閉鎖する。その後の個別接種は公立相馬総合病院、相馬中央病院でのみ対応する。

 集団接種期間中に二回接種するには今月二十六日までに一回目接種を行う必要がある。市は未接種で集団接種を希望する人や意向調査を返信していない市民に対し、早めの申し出を呼び掛けている。 問い合わせは、市ワクチン接種コールセンターへ。