白河だるま総本舗の「だるまランド」8日にオープン 福島・白河市

2021/07/02 09:28

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
大小さまざまなだるまが並ぶ物販スペース。右奥は巨大だるまガチャガチャ
大小さまざまなだるまが並ぶ物販スペース。右奥は巨大だるまガチャガチャ

 福島県白河市の白河だるま総本舗が市内横町に整備を進めていた観光施設「だるまランド」は8日午前11時にオープンする。1日、関係者向けの内覧会が開かれた。

 白河だるまの製造・販売拠点として使用していた同本舗渡辺だるま店を改築し、開館する。「見て、学んで、楽しんで」をコンセプトに多彩な体験活動を通じてだるまの魅力を発信し、伝統産業の振興とさらなる観光誘客を目指す。

 だるまの販売や絵付け体験、企画展示の他、高さ約2メートルの巨大だるまガチャガチャや、タブレット端末に描いた絵を動かせる「だるまさんが転んだ」ゲームなど、遊び心満載のアトラクションが楽しめる。職人による絵付け作業を見学できる。地元の食材を使った加工品の販売も行う。

 同本舗14代目の渡辺高章さん(28)は「だるまの魅力や可能性に触れてもらい、だるま好きを増やしたい」と意気込んでいる。

 開館時間は午前10時から午後5時まで。年中無休。入場無料で、一部コーナーは有料。