新型コロナ 福島県南相馬市で新たなクラスター 86例目

2021/07/12 17:44

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有

 福島県は南相馬市原町区の繁華街にある接待を伴う飲食店で新たなクラスター(感染者集団)が発生したと12日、発表した。県内86例目のクラスターで、原町区の飲食店での発生は今月に入って3件となった。

 7日に従業員2人、8日に従業員1人、10日に従業員1人と利用客2人の陽性が確認された。感染経路を調べた結果、同一の感染者集団とみられるとした。6人とも県が11日までに公表した感染者に含まれている。

 また、県は会津若松市の接待を伴う飲食店のクラスター(県内84例目)が計14人、南相馬市原町区の繁華街にある接待を伴う飲食店のクラスター(県内83例目)が計18人に広がったと明らかにした。