22日、遊覧船の運行再開 福島県北塩原村の桧原湖

2021/07/21 22:38

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
試乗会で桧原湖を運航する遊覧船「あづま丸」
試乗会で桧原湖を運航する遊覧船「あづま丸」

 旧運営会社の破産に伴い2019(令和元)年11月から運航してなかった福島県北塩原村の桧原湖の遊覧船は22日、運航を再開する。旧運営会社から船を取得していた、村内にホテルを経営するグランベルホテルが21日に試乗会を開き公表した。桧原湖の遊覧船運航は約1年半ぶり。

 遊覧船事業は当分「あづま丸(定員200人)」のみ運航する方針。以前と同様の島めぐり約35分のコースで、1日6便を予定している。料金は中学生以上1400円、4歳から小学生まで700円(いずれも税込み)。問い合わせは同社経営の裏磐梯レイクリゾート 電話0241(37)1111へ。

   ◇  ◇

 試乗会には、同社や地元の関係者らが参加。磐梯山の眺めや涼しい風を満喫し「やっぱり遊覧船は最高」「湖上からしか見えない眺望がすごい」と喜んでいた。裏磐梯レイクリゾートの前総支配人で運航再開に尽力した浅沼泰匡ベルーナ取締役(46)は「感無量。修学旅行の子どもはもちろん、昔乗った人が子どもや孫を連れてきてほしい」と語った。