福島県内37人感染 25日の県発表分 新型コロナ

2021/07/25 23:03

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有

 福島県は県内で37人の新型コロナウイルス感染が確認されたと25日、発表した。37人の陽性は24日に判明した。1日当たりの感染者が30人台となるのは5月20日以来、約2カ月ぶり。福島県内の感染者は累計5326人となった。

 37人のうち13人は感染経路が分かっていない。24日時点の入院者は160人で、県が確保している病床496床の使用率は32・3%(前日比2・9ポイント増)となった。

 福島県福島市は25日、接待を伴う飲食店で発生した市内16例目のクラスター(感染者集団)の構成について、従業員女性7人、利用客男性4人の計11人だったと発表した。このうち4人は県の24日発表分(23日判明分)、7人は25日発表分(24日判明分)に含まれる。県内では91例目。

 一方、県は24日に陽性が判明した2人について、クラスターが発生した郡山市の接待を伴う飲食店の従業員だったと発表した。クラスターは計11人に広がった。

 県発表の37人の内訳は次の通り。

 ▼郡山市・15人▼福島市・11人▼いわき市・7人▼県外・2人▼伊達市・1人▼国見町・1人