福島県内の新型コロナ感染76人 1週間で過去最多506人確認 3指標でステージ4 1日県発表

2021/08/01 23:45

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有

 福島県は県内で76人の新型コロナウイルス感染が確認されたと1日、発表した。76人の陽性は7月31日までに判明した。直近1週間(7月25日~31日)の新規感染者数は506人と過去最多を更新し、初めて500人を超えた。感染状況を判断する指標は31日現在で病床使用率と直近1週間の新規感染者数に加え、新たに全療養者数も最も深刻なステージ4(爆発的感染拡大)の水準に達し、急速に感染が拡大している。

 県内で7つの指標のうち3つがステージ4となるのは2度目で、5月12日以来、80日ぶり。特に直近1週間の新規感染者数の悪化が顕著で、7月1カ月間の県全体の感染者927人の半数以上を直近1週間で占めている。7月の日別の新規感染者数の推移を同じ曜日で比較すると、22日から10日連続で前週を上回り、下旬からの急増が目立っている。

 7月のクラスター(感染者集団)発生件数は月別最多の25件に上り、飲食店関係だけで18件となっている。さらに感染力の強い変異株「デルタ株」の可能性のある「L452R」も県内で相次いで確認された。

 31日現在の入院者は338人。県の確保病床496床の使用率は68・1%(前日比1・8ポイント増)となり、ステージ4の指標「50%以上」を大きく超えている。入院者と宿泊療養施設入所者、自宅療養者、療養先調整中の人数を合わせた全療養者は人口10万人当たり31・64人とステージ4の指標「30人以上」を76日ぶりに上回った。

 県内の感染者は累計5832人。1日県発表の新規感染者76人のうち感染経路不明は29人だった。76人の内訳は次の通り。

 ▼いわき市・35人▼郡山市・17人▼福島市・11人▼伊達市・3人▼田村市・2人▼川俣町・2人▼大玉村・1人▼会津坂下町・1人▼矢吹町・1人▼小野町・1人▼京都府・1人▼県外・1人