アサギマダラの観察会が始まる 福島県の裏磐梯デコ平周辺 研究家を招いた特別観察会も人気

2021/08/08 19:28

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
高原で夏を過ごすアサギマダラ=8日、北塩原村のデコ平周辺
高原で夏を過ごすアサギマダラ=8日、北塩原村のデコ平周辺

 旅する蝶(ちょう)として知られるアサギマダラの観察会が福島県北塩原村裏磐梯のデコ平周辺で7日に始まり、親子連れが虫網を手に高原を舞う蝶を追い掛けている。8日には研究家を招いた特別観察会を開いた。

 グランデコリゾートの主催。特別観察会には約20人が参加した。群馬パース大学長で研究家の栗田正裕さんが蝶の捕まえ方や、羽に日付や場所などを記すマーキングのコツを指導した。子どもたちはアサギマダラが好むヨツバヒヨドリの花が多く咲いている場所に移動し、捕まえた蝶の羽にマーキングをして空に放していた。

 観察会は15日までで、時間は午前10時から同11時30分まで。ロープウエー山頂駅で受け付けする。参加費は1人500円(税込み)で予約不要だが、ロープウエー使用の際には往復料金が必要になる。問い合わせはグランデコリゾートへ。