ホクホク食感の奥会津金山赤カボチャ出荷始まる 福島・金山町

2021/08/12 18:30

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
出荷を前に赤カボチャの品質をチェックする関係者
出荷を前に赤カボチャの品質をチェックする関係者

 福島県金山町特産の奥会津金山赤カボチャの出荷が11日、始まった。

 赤カボチャは強い甘味とホクホクした食感が特徴。主に県内の道の駅やスーパーなどで販売される。奥会津金山赤カボチャは特許庁の地域団体商標の登録を受けている。

 出荷を前に行われた品質検査では、地元の生産者協議会が検査機器を使い、1つ1つのカボチャに含まれる糖分などを調べた。基準をクリアした物にのみ品質を保証するシールを貼った。

 協議会長の青柳一二(いちじ)さん(76)は「いろいろな食べ方があるが、はじめは『素のまま』味わってほしい」と語った。