福島県のJR只見線・只見川第一橋梁がプリントされたマスクとTシャツを発売

2021/08/13 17:52

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
只見川第一橋梁の絶景マスクとTシャツを着て撮影ポイントに立つ星さん
只見川第一橋梁の絶景マスクとTシャツを着て撮影ポイントに立つ星さん

 福島県のJR只見線沿線で最も人気のある撮影スポット「只見川第一橋梁(きょうりょう)」=正式名・第一只見川橋梁=を撮った写真がプリントされたマスクとTシャツが完成し、販売が始まった。

 写真を撮ったのはJR只見線に年間300日以上、レンズを向け続けている奥会津郷土写真家・星賢孝さん(金山町)。マスクとTシャツを販売しているのは、道の駅会津柳津、会津柳津温泉・花ホテル滝のや(柳津町)、道の駅尾瀬街道みしま宿、観光交流館からんころん(三島町)、道の駅奥会津かねやま、金山町観光情報センター(金山町)、只見町観光まちづくり協会、合同会社メーデルリーフ(只見町)。民報印刷のオンラインショップ「ぷりもの」でも扱っている。

 マスクは医療用レベル高性能フィルタを内蔵しウイルス飛沫を99%カット、洗って使える。1枚1100円(税込み)。Tシャツは吸水速乾に優れ紫外線カットや接触冷感機能を持つストレッチ素材で1枚2500円(税込み)。マスク1枚売り上げごとに30円、Tシャツ1枚売り上げごとに50円が、県の只見線復旧復興基金に寄付される。

 只見川第一橋梁は、1938(昭和13)年に完成した只見川にかかる全長174メートルのJR只見線の橋梁。道の駅尾瀬街道みしま宿から歩いて1分ほどの場所に専用の遊歩道が整備されている。3カ所ある展望台からの絶景が人気を集めている。