新型コロナ 福島県内の情報

県境またぐ移動中止を要請 新型コロナ拡大防止で 福島県など東北・新潟7県の知事ら

2021/09/01 09:37

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有

 新型コロナウイルスの流行「第五波」の感染拡大防止に向けて、東北と新潟の七県知事と仙台、新潟の両市長は31日、住民に県境をまたぐ移動の中止を要請する共同メッセージを発表した。

 メッセージでは、感染力の強い変異株「デルタ株」が全国に広がっているとした上で、緊急事態宣言やまん延防止等重点措置が適用されている期間は県境をまたぐ不要不急の移動を控えるよう強く求めている。

 重症化の予防効果があるワクチンの早期接種や、接種後も感染リスクがあるとして不織布マスクの着用や手洗い、消毒、換気など感染防止対策の徹底を求めた。飲食を伴う会合、大人数や長時間の会合を避けるよう訴えている。

 4月にも同様の声明を出している。今回で4回目。