新型コロナ 福島県内で2人死亡、47人感染 県の3日発表分

2021/09/03 21:11

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有

 福島県は新型コロナウイルス感染で県内の医療機関に入院していた90歳以上男性と80代男性の死亡と、47人の新型コロナ感染が確認されたと3日、発表した。2人は8月下旬までに死亡し、47人の陽性は2日までに判明した。県内の死者は累計168人、感染者は累計8904人となった。

 県によると、2人のうち、どちらかがワクチン接種済みだったという。症状や基礎疾患などの詳細は公表していない。

 新規感染者47人のうち、14人の感染経路が分かっていない。2日時点の入院者は338人で、県が確保している病床637床に対する使用率は53・1%(前日比0・5ポイント増)だった。入院者のうち20人が重症となっている。

 県発表の47人の概要は次の通り。

 ▼郡山市・10人▼福島市・9人▼いわき市・9人▼会津若松市・4人▼白河市・3人▼伊達市・3人▼大玉村・2人▼会津美里町・2人▼須賀川市・1人▼田村市・1人▼猪苗代町・1人▼矢吹町・1人▼塙町・1人