福島県産米「力を合わせてPR」 ライシーホワイトが内堀知事に活動開始報告

2021/09/07 09:15

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
内堀知事(左から3人目)に抱負を語った(左から)伊藤さん、武田さん。右から生沼さん、佐藤さん、松崎さん
内堀知事(左から3人目)に抱負を語った(左から)伊藤さん、武田さん。右から生沼さん、佐藤さん、松崎さん

 福島県産米をPRするキャンペーンクルー「2021ふくしまライシーホワイト」の5人は6日、福島県庁を訪れ、内堀雅雄知事に活動開始を報告した。

 生沼佑菜さん(20)=福島市、大学生=、佐藤小雪さん(20)=同=、松崎春菜さん(26)=福島市、アルバイト=、武田真奈さん(24)=西会津町、会社員=、伊藤絢香さん(20)=福島市出身、大学生=が一人ずつ抱負を述べた後、「力を合わせてPRします」と声を合わせた。

 内堀知事は「県産米のおいしさや質の良さなど情熱を持って全国に発信してほしい」と激励した。

 ライシーホワイトは10月に県内外でPR活動を開始する。