新型コロナ 福島県内の情報

まん延防止等重点措置延長の要否 7日時点で見通し示すの困難 新型コロナで福島県知事

2021/09/08 09:42

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有

 福島県の内堀雅雄知事は7日の定例記者会見で、12日を期限とするまん延防止等重点措置と県独自対策の延長の要否について「きょうの段階で見通しを明確に示すのは難しい」と述べた。

 県内では感染状況を判断する7つの指標のうち病床使用率、重症者用病床使用率、10万人当たりの療養者数、直近1週間の人口10万人当たりの新規感染者数の四つがステージ3(感染急増)の水準で、県は県全体として「ステージ3相当」としている。内堀知事は「週末に本部員会議を開催する。その時点までさまざまな指標や状況をしっかり見極めながら判断したいと考えている」と述べた。