コロナ対策期限延長で福島県が一時金10万円増額 飲食店以外の中小事業者

2021/09/10 09:54

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有

 新型コロナウイルス感染拡大に伴う福島県内の対策期限延長を受け、県は営業時間短縮要請や外出自粛による影響で売り上げが減少した飲食店以外の中小事業者について、一時金を20万円から30万円に増額する。

 時短要請や外出自粛の影響を受けて8月か9月の売り上げが2020(令和2)年と2019年いずれかの同月と比べて30%以上減少した県内の中小事業者が対象となる。

 県によると、対象は8500件程度に上る。このうち約100件は一時金20万円を受給しており、県は増額分の10万円を追加で交付する。交付を申請済みの約400件と未申請の約8000件は一律30万円を支給する方針。