福島県葛尾村産コチョウランの魅力発信 大学生が郵送サービス「omohaco」提案

2021/09/12 15:30

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
左から吉田さん、土路生さん、川路さん
左から吉田さん、土路生さん、川路さん

 福島県葛尾村の一般社団法人「葛力創造舎」が主催するインターンシップに、県外の大学生3人が参加し12日まで村産コチョウランのPR活動に取り組んでいる。3人はメッセージカードを添えたフラワーボックスの郵送サービス「omohaco(オモハコ)」を提案している。

 提案したのは、ともに広島県出身の土路生(とろぶ)知樹さん(22)=京都工芸繊維大3年=と川路朋佳さん(20)=早大3年=、埼玉県出身の吉田未歩さん(18)=東洋大1年=。

 コチョウランは、かつらお胡蝶蘭合同会社が生産している主力品種「hope white(ホープホワイト)」を使用している。人員不足などでその魅力を発信できていないという同社の課題を知った3人は、メッセージと共に贈ることでPRにつながると考えた。

 omohacoは「想いの詰まった箱」を意味する。土路生さんは「フラワーボックスを開けた人が贈り主の”想い”を受け取り、幸せな気持ちになってくれたらうれしい」とほほ笑んだ。川路さんと吉田さんは「この活動を通して、コチョウランの良さが多くの人に伝わってほしい」と願った。