猪苗代湖の遊覧船「はくちょう丸」塗装開始 福島

2021/09/15 09:14

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
「塗装中」のシートがはられた「はくちょう丸」
「塗装中」のシートがはられた「はくちょう丸」

 運航再開を目指す福島県の猪苗代湖の遊覧船「はくちょう丸」の塗装作業が14日、始まった。天候にもよるが月末に終了する見込み。

 船体部分には「塗装中」のシートがはられている。初日は作業を担当する会津若松市の平田塗装防水が汚れた部分を削る作業などを行った。15日に高圧洗浄を実施し、16日から本格的な塗装作業に入る予定。

 同社によると、塗装は美化はもちろん、風水による劣化の防止効果がある。平田哲也社長(47)は「本県を代表する宝の一つで、全国の多くのファンが待ち望んでいる船。後世にしっかり残せるよう、きれいに仕上げたい」と話した。