高校野球

只見打線8回一気 会津学鳳逃げ切れず 秋季高校野球福島県大会 第8日

2021/09/26 09:47

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
【会津学鳳―只見】8回裏、只見2死一、二塁、室井が勝ち越しの2点二塁打を放つ
【会津学鳳―只見】8回裏、只見2死一、二塁、室井が勝ち越しの2点二塁打を放つ

▽4回戦 只見7-5会津学鳳

 只見が逆転で会津学鳳を下した。只見は3―5で迎えた八回、2死二、三塁から山内優の2点二塁打で同点、室井の2点二塁打で勝ち越した。室井は投げては5回1失点の粘投。会津学鳳は木下の適時打などで5点を奪ったが力尽きた。


■支部大会のリベンジ 只見の室井勝ち越し打

 只見は会津支部大会で延長サヨナラ負けを喫した会津学鳳を破り、春・夏・秋を通じて初の県大会8強入りを決めた。勝ち越しの2点二塁打を放った室井莉空は「リベンジしようと最後まで全員が全力を出した」と満面の笑みで振り返った。

 2点を追う八回、四球や安打で2死二、三塁の好機をつくり、山内優心の2点二塁打で同点とした。続く室井は五回から登板し直前に失点していただけに、打撃で取り返したいと打席に入った。2死一、二塁の場面で、外角の変化球を捉えた打球は、左翼手の頭上を越えてチームを勝利に導いた。

 只見のグラウンドには照明設備がなく、平日は日が沈むまでの2時間ほどしか練習できない。限られた時間や環境の中で一人一人がプレーの改善点を意識しながら練習し、攻守を磨いてきた。

 ナインの目標は東北大会出場だ。準々決勝は4強を懸けて、いわき光洋に挑む。長谷川清之監督は「誰もが認める強いチームを目指す」と意気込む。室井は「自分たちの野球を見せて、絶対に東北大会に行く」と表情を引き締めた。