山内大夢選手(福島県・会津高出身)が東邦銀行入り内定 東京五輪陸上400m障害代表

2021/10/02 09:50

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
東邦銀行加入が内定した山内大夢選手
東邦銀行加入が内定した山内大夢選手

 東京五輪陸上男子400メートル障害代表の山内大夢選手(早大4年、会津高出身)が来春、東邦銀行陸上部に加入する。同行が1日、内定選手として発表した。慣れ親しんだ地元で鍛錬を積み、3年後のパリ五輪出場を目指す。

 山内選手は会津若松市出身。会津高3年時に全国高校総体(インターハイ)の400メートル障害で2位となった。初出場した今夏の東京五輪では日本勢3人のうち唯一、準決勝に進出した。9月の日本学生対校選手権は同種目を制した。自己ベストは5月にマークした48秒84。

 日本選手権女子800メートルで2年連続入賞の中村美宇選手(福島大4年)の加入も内定した。郡山市出身。郡山東高3年時のインターハイで同種目7位。日本選手権は2020(令和2)年に5位、今年は7位に入った。自己ベストは2分6秒80。