鉱物の聖地、多くの研究者来訪 福島県石川町「和久観音山ペグマタイト鉱床」

2021/10/02 17:46

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
多様な鉱物が確認され、坑道内も見学できる和久観音山ペグマタイト鉱床
多様な鉱物が確認され、坑道内も見学できる和久観音山ペグマタイト鉱床

 福島県石川町の福島県指定天然記念物の「和久観音山ペグマタイト鉱床」は、国内最大規模で多様な鉱物が確認されており、学術的価値が高い。石川鉱石採掘跡保存会が保存活動に尽力し、多くの研究者らが訪れる。

 町は日本3大鉱物産地の1つに数えられ、「鉱物の聖地」として知られている。町内には約100カ所の鉱山跡が確認されているが、現在は和久観音山ペグマタイト鉱床のみ公開されている。保存会の案内で、坑道内も見学できる。

 相田義男会長(68)は「石川町のシンボルとして、多くの人に親しんでほしい」と語った。