医療従事者へ感謝の花火 5カ所から計1800発 福島県須賀川市

2021/10/02 21:22

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
須賀川の夜空に大輪を咲かせたエール花火
須賀川の夜空に大輪を咲かせたエール花火

 新型コロナウイルス感染の対応を続ける医療従事者への感謝と市民への応援の思いを込めた「届けエール!元気が出る花火」は2日夜、須賀川市内5カ所で打ち上げられた。

 夏の風物詩として親しまれる同市の釈迦堂川花火大会は2年連続の中止となった。困難な状況にある市民らの未来を明るく照らしたいと市が企画。感染防止対策として詳しい時間帯や打ち上げ場所を事前に公開せずに実施した。

 5カ所で計約1800発を打ち上げた。このうち、2019(令和元)年の台風19号で浸水被害があった浜尾遊水池周辺では、尺玉を含めた約600発が夜空を彩り、通行人が拍手を送っていた。