市町村対抗県軟式野球

西郷10年ぶり4強 若松終盤力尽きる 第15回市町村対抗福島県軟式野球大会 準々決勝

2021/10/03 09:59

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
【会津若松市―西郷村】10年ぶりとなるベスト4進出を決め、喜ぶ西郷村ナイン
【会津若松市―西郷村】10年ぶりとなるベスト4進出を決め、喜ぶ西郷村ナイン

▽準々決勝 西郷村5-2会津若松市

 西郷村が会津若松市に競り勝った。西郷村は二回、1死三塁から大平が適時二塁打を放ち先制した。六回、無死二、三塁から佐藤の打球が相手の失策を誘い勝ち越した。会津若松市は五回、一時同点に追い付く粘りを見せたが、終盤に力尽きた。


■西郷 つなぐ打線で勝利呼ぶ

 10年ぶりのベスト4進出を果たした西郷村は持ち味のつなぐ打線が機能し、これまでの全試合を零封勝ちしてきた会津若松市を破った。六回に勝ち越し点を奪うきっかけとなった佐藤大樹は「少ない好機をものにできた」と胸を張った。

 2-2の同点で迎えた六回、無死二、三塁の好機で打席に立った。大森祐一監督の「ここで決めろ」という言葉に奮起した。「仲間が必死につないでくれた。何が何でも食らい付く」。鋭い打球は遊撃手の失策を誘い、勝ち越し点を呼び込んだ。

 ピンチの時でも声を掛け合い、明るい雰囲気で勝ち上がってきた。「全員で野球を楽しむ気持ちが、良い結果につながっている」と話す。

 西郷村は2010(平成22)年の第4回大会で優勝している。「勢いに乗っている。全員で2度目の優勝を目指したい」と言葉に力を込めた。


会津若松市0010100―2
西郷村  020003×―5
(会)加藤、斎藤未―寺木
(西)小椋―遠藤昌
▷二塁打 小笠原、大平、内藤(西)▷盗塁 会2、西0▷失策 会4、西0▷安打 会4、西5▷与四死球 会3、西5▷奪三振 会4、西1▷暴投 加藤(会)
(球)高木(塁)小沢、草野、佐藤厚
▷試合時間 1時間48分