新型コロナで入院の80代男性が死亡 福島県発表 新たな感染者なし

2021/10/12 21:05

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有

 福島県は新型コロナウイルス感染で県内の医療機関に入院していた80代男性が死亡したと12日、発表した。11日の新型コロナ検査では新たな感染者は確認されなかったと12日、明らかにした。県内の新規感染者がゼロになるのは9日以来、2日ぶり。

 県によると、80代男性は9月下旬に死亡した。県内の死者は累計175人となった。11日時点の入院者は18人で、県が確保している病床637床の使用率は2・8%(前日比0・7ポイント減)となっている。入院者のうち重症者は2人。

 直近1週間(5~11日)の新規感染者に占める感染経路不明の割合は50・0%で、ステージ3(感染急増)とステージ4(爆発的感染拡大)の指標「50%以上」の水準となった。県内の感染者は累計9465人のままとなっている。