福島県内で約1カ月ぶりにクラスター発生 個人宅の宴会参加者5人

2021/10/17 21:02

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有

 福島県は県県南保健所管内の個人宅で行われた宴会の参加者5人による新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が発生したと17日、発表した。県内でのクラスター確認は9月15日以来、約1カ月ぶり。県内160例目。

 県によると、5人のうち4人は県が17日までに発表した感染者で、1人は県外で陽性が判明した。10人程度の宴会を開き、このうち5人の感染が確認された。感染防止が徹底されていなかったという。

 県は個人の特定につながるとして、5人の居住市町村や陽性判明日などの詳細を明らかにしていない。

 県は17日、約1カ月ぶりとなるクラスター発生を受けて臨時記者会見を開いた。担当者は「気を緩めることなく、基本的な感染対策を徹底してほしい」と注意を促した。