秋の福島競馬、1年ぶり有観客に 11月6日開幕 事前申し込み限定

2021/10/22 09:38

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有

 日本中央競馬会(JRA)福島競馬場は11月6日に開幕する秋の福島競馬について、事前申し込み限定で有観客とする。21日、発表した。2月に発生した福島県沖を震源とする最大震度6強の地震の影響でスタンドが損壊し、春の開催は中止となり、夏の福島競馬も無観客開催だった。ファンが入場して競馬が開催されるのは昨年の11月15日以来、約1年ぶりとなる。

 春は安全な開催が困難と判断し中止した。夏は復旧工事をしながら無観客で開催した。8月に馬場内発売所や自動車専用発売所で営業を開始。10月には4階北側の指定席など段階的にスタンド使用を再開していた。秋の開催前にスタンド改修工事の大半が終了し、利用が可能となった。

 秋の開催で入場可能となるのは事前に指定席を購入した3953人で、昨年秋(1907人)の約2倍となる。JRAホームページの「競馬場指定席ネット予約」から申し込む。スタンド1階南側など現状馬券を発売する場所を「買い帰りエリア」として開催時も入場無料で発売を継続する。

 福島競馬場の藪政勝場長は「ようやくお客様をお迎えして開催ができることになりうれしく思う。新型コロナウイルス対策もしっかりとしたい。ぜひ生の競馬を楽しんでいただきたい」と語った。