イノベ構想参画促進へ説明会 福島市トップにスタート

2021/10/26 10:15

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
ロボット産業の未来などを語る浅間教授
ロボット産業の未来などを語る浅間教授

 福島・国際研究産業都市(イノベーション・コースト)構想への地元企業の参画促進に向けた全体説明会は25日、福島市をトップに始まった。

 福島県の主催、福島イノベーション・コースト構想推進機構の共催。初回は東京大大学院工学系研究科の浅間一教授が「福島イノベ構想への期待と福島県におけるロボット産業の未来」と題して特別講演した。東京電力福島第一原発の廃炉や災害対応、新型コロナウイルス対策などさまざまな場面でロボット技術のニーズがあると強調した。

 全体説明会は全4回。第2回は11月24日に福島県いわき市で開く。第3回は12月に福島県南相馬市、第4回は来年1月に福島県いわき市での開催を予定している。