相馬野馬追をイメージしたマスク販売 福島

2021/10/26 18:06

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
「騎馬武者駆ける」のマスク
「騎馬武者駆ける」のマスク

 福島市の福島県観光物産館、二本松市の道の駅安達上下線は、相馬野馬追をイメージしたマスク「騎馬武者駆ける」の販売を開始した。福島市の三宅新聞店、郡山市の郡山南部佐藤新聞店は販売店区域内での予約販売を受け付けている。民報印刷オンラインショップ「ぷりもの」でも扱っている。

 東日本大震災、東京電力福島第一原発事故、新型コロナウイルスに負けず国重要無形民俗文化財である伝統行事を受け継ぐ地域や人々への尊敬の気持ちを込め民報印刷(福島市)、富樫縫製(二本松市)が共同製作した。

 ウイルスろ過効率(VFE)など99%カットの医療用レベル高性能フィルターを内蔵。フィルターの目の細かさはナノレベルで、一般的な不織布マスクを超える防御力を持つという。グレー地と黒地の2種類あり、1枚1100円(税込み)。