日本食の普及に尽力 福島出身、シドニー在住の舟山精二郎さん秋の叙勲受章

2021/11/12 09:36

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
豪州で叙勲受章を喜ぶ舟山さん
豪州で叙勲受章を喜ぶ舟山さん

 福島県福島市飯坂町出身で豪州の日本食販売会社「ジュン・パシフィック・コーポレーション」社主の舟山精二郎さん(90)=シドニー在住=は、今秋の叙勲で旭日双光章を受章した。長年にわたり、日本食の普及に務めている功績などが評価された。「これからも福島の食材のPRや復興支援に尽くしたい」と誓っている。

 舟山さんは福島高、慶応大経済学部卒。大手商社に入社し、駐在員としてシドニーに赴任した。紙パルプの貿易に携わり、手腕が買われ長く同国に勤務した。1976(昭和51)年にシドニーで日本食材店「東京マート」を創業。40年以上にわたって日本食品の流通に貢献している。地酒やそば、ラーメンなど県産品も積極的に販売している。

 東日本大震災や東京電力福島第一原発事故、西日本豪雨など災害発生後には、被災地の食品を復興支援商品として扱うなど会社経営を通じて社会貢献に取り組んだ。

 2016(平成28)年に農林水産省の日本食海外普及功労者大臣表彰を受けるなど、長年の功績が各方面で評価されている。現在も健康で社業に従事しており、「次世代を担う社員の教育に努めたい」と意気込む。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で2年半ほど帰国していない。「コロナが落ち着いたら福島を訪ねたい」と楽しみにしている。