赤べこ絵付けに挑戦 都内で福島県PRイベント 柳津、いわきなど参加

2021/11/15 21:01

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
赤べこの絵付け体験をする子どもたち=14日、東京都
赤べこの絵付け体験をする子どもたち=14日、東京都

 東京・大手町のJR東京駅近くのトウキョウトーチパークにある赤べこの大型オブジェ前で、県は14日、福島県の情報発信イベントを開き、柳津町が地元のPRをした。

 オブジェは福島県が先月23日から展示しており、来年9月までの設置期間中、その前で県や市町村のPRイベントを随時催し、本県の魅力を首都圏の住民らに発信する計画。今回は第1弾として柳津町が参加し、赤べこの絵付け体験会を開いたほか、赤べこ関連グッズを販売した。家族連れで訪れた子どもらが興味深そうに絵付けに挑戦していた。

 いわき市の郷土料理「サンマのポーポー焼き」のバーガーなどを販売するキッチンカーが登場。県のアンテナショップ「日本橋ふくしま館MIDETTE(ミデッテ)」も出店を開き、新米など県産品を売り出した。