6号国道沿いからごみ一掃 福島県広野町などで清掃活動 沿線の1300人が心一つに

2021/11/21 09:16

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
ごみを拾い集める参加者
ごみを拾い集める参加者

 福島県いわき市から新地町までの6号国道で清掃活動を繰り広げる「みんなでやっぺ!!きれいな6国(ろっこく)」は20日に各地で催され、約1300人がごみ拾いなどに取り組んだ。

 広野町のNPO法人ハッピーロードネットと浜通りの各青年会議所でつくる実行委員会の主催、福島民報社などの後援。住民や浜通りで復興事業に携わる作業員らが参加した。

 メイン会場となる広野町の二ツ沼総合公園で行われた開会式には約300人が参加した。実行委員長の西本由美子ハッピーロードネット理事長らがあいさつし、参加者がごみ袋を手に出発した。

 参加者はそろいのオレンジ色のTシャツを着て作業に臨んだ。広野町の、ふたば未来学園中・高の生徒も参加した。