矢沢酒造店の「白孔雀」がトロフィー(最高賞)・金賞 インターナショナル・サケ・チャレンジで

2021/11/28 18:25

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
「白孔雀」を手に、トロフィー・金賞受賞を喜ぶ矢沢真裕社長
「白孔雀」を手に、トロフィー・金賞受賞を喜ぶ矢沢真裕社長

 国際的日本酒コンテストの第15回インターナショナル・サケ・チャレンジの審査結果が28日までに発表され、純米大吟醸の部で矢沢酒造店(福島県矢祭町)の「白孔雀」がトロフィー(最高賞)・金賞に輝いた。

 日本酒の価値を世界に広める目的で毎年開かれている。熟成、大吟醸・吟醸、純米、純米大吟醸、純米吟醸、プレミアム、スパークリングの各部門を設け、全国の蔵元が応募した。

 国内、海外の審査員が外観、香り、味わいのほか、調和と気品などを評価した。金賞21点、銀賞55点、銅賞56点を選び、金賞の中からトロフィー11点を決めた。福島県内からはトロフィー・金賞1点、銀賞3点、銅賞1点が選ばれた。

 福島県内の受賞酒と蔵元は次の通り。

 ◇大吟醸・吟醸▽銀賞=大吟醸 玄宰(末廣酒造・会津若松市)

 ◇純米大吟醸▽トロフィー・金賞=白孔雀(矢沢酒造店・矢祭町)

 ◇純米吟醸▽銀賞=會津宮泉 純米吟醸(宮泉銘醸・会津若松市)▽銅賞=笹の川 福乃香 純米吟醸「ふ」(笹の川酒造・郡山市)

 ◇純米▽銀賞=會津宮泉 純米酒(宮泉銘醸・会津若松市)