福島県産きのこのおいしさを全国に 県きのこ料理コンクール

2021/11/29 16:05

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
知事賞を受けた室井さん(左)と大八木さん
知事賞を受けた室井さん(左)と大八木さん
室井さんの「大喝采!きのこの宴」
室井さんの「大喝采!きのこの宴」
大八木さんの「福島県産きのこのオーツミルクポタージュ」
大八木さんの「福島県産きのこのオーツミルクポタージュ」

 第6回福島県きのこ料理コンクールは23日、郡山市安積総合学習センターで開かれた。最高賞の知事賞に、会津美里町の室井つな子さん(一般)の「大喝采!きのこの宴」、喜多方市の大八木心美さん(耶麻農高3年)の「福島県産きのこのオーツミルクポタージュ~食からSDGs!耶麻高そばの実をアクセントに~」が選ばれた。

 県森林・林業・緑化協会の主催。県内から226作品が寄せられ、1次審査を通過した7人の作品が審査を受けた。知事賞を受けた2人は来年3月9日に東京都で開かれる全国大会に県代表として出場する。

 室井さんはシイタケの粉末を米粉に混ぜて揚げたスティックもちを作った。「県産きのこのおいしさをPRしたい」と全国大会を見据えた。

 大八木さんはマイタケをメインにうま味と栄養価の高いポタージュを開発した。「食品の廃棄を極力抑えた料理ができた」と満足そうだった。

 県知事賞以外の受賞者は次の通り。

 ▽優秀賞=飯村菜月(郡山女子大)▽特別賞=永崎紅亜(郡山女子大付高)▽奨励賞=鈴木沙耶(郡山女子大短期大学部)相楽美咲(あさか開成高)津田真理愛(郡山女子大)