会津、熊本どっちがウマい!? 芦ノ牧温泉で馬刺し食べ比べ 福島

2021/11/29 21:30

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
会津と熊本の馬刺しを食べ比べる参加者
会津と熊本の馬刺しを食べ比べる参加者

 会津と熊本の馬刺しの食べ比べなどを楽しむイベントは29日、福島県会津若松市の芦ノ牧温泉の大川荘と、ビデオ会議システムを使ったオンライン上で開かれた。

 会津若松市の飲食店などでつくる「会津ブランド馬肉さくらの会」の主催。それぞれの地域の食文化や食べ方の違いに触れてもらおうと企画した。

 大川荘には約160人が参加した。会津、熊本のそれぞれの馬刺しと馬肉に合うさくらの会オリジナル焼酎「ねっか829」などが提供され、参加者が味わった。

 オンラインによるトークショーも行った。さくらの会の入谷充会長のほか熊本や、同様に馬肉文化がある山形の関係者らが全国の馬肉・馬刺し文化の現状と未来について意見を交わした。