会津木綿のダウンジャケット製作 福島・会津若松の呉服店で販売へ

2021/12/03 09:07

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
きものべんりやとしの坊が企画・プロデュースした会津木綿を使用したダウンジャケット
きものべんりやとしの坊が企画・プロデュースした会津木綿を使用したダウンジャケット

 福島県会津若松市七日町の呉服店「きものべんりや としの坊」は会津木綿を使用したダウンジャケットを企画・プロデュースした。5日から7日まで店内で先行予約販売会を開く。

 会津木綿を活用したダウンジャケットの製作を検討していた同店がハイブランドのジャケットの縫製を手掛けているクラスター(本社・岩手県)に協力を依頼して作った。

 カラーは会津藩の四神隊をイメージした白、赤、青、黒の4種類。表地に会津木綿を使い、特殊な加工で完全防水に仕立てた。羽毛も、品質を表す単位フィルパワー(FP)ではアウトドアブランド製品と同水準の700FPを実現させ、機能的にも優れた品に仕上げた。会津木綿を使ったマフラーも同時発売する。

 値段はジャケットが7万4800円(税込)でマフラーは1万1000円(同)。販売会で予約し、年末から順次郵送や店頭で引き渡す。販売会でジャケットを予約した人にはマフラーをプレゼントする。7日以降は店頭で受注販売する。時間は午前10時から午後6時まで。