日本一の福島県産酒、大阪で飲み比べ 福島区と連携しフェア

2021/12/04 08:38

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
福島県産酒の飲み比べを楽しむ参加者
福島県産酒の飲み比べを楽しむ参加者

 福島県と大阪市福島区による連携イベント「福島×福島ふくしまの酒飲み比べフェア」は3日、大阪市福島区周辺で始まった。今年で4回目の取り組みで、期間は12日まで。

 全国新酒鑑評会で金賞受賞数8回連続日本一に輝いた福島県産酒の知名度、ブランド力の向上を目指している。大阪市のJR福島駅周辺などの飲食店20店が協賛し、福島県産酒30銘柄が提供されている。

 飲み比べセットは500円(税込み)で福島県産酒の3銘柄を味わうことができる。参加者は福島県産酒の飲み比べを楽しんだ。山口祥則県大阪事務所長は「福島のおいしい酒を楽しんでもらい、福島県産酒の知名度をいっそう高めたい」と語った。