史跡を巡りながら歩く 三春ウオーク、300人参加

2021/12/05 09:20

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
三春の景色を楽しみながら歩く参加者
三春の景色を楽しみながら歩く参加者

 三春ウオークは4日、福島県三春町運動公園をスタート・ゴールに催され、県内各地から集まった約300人が城下町を歩いた。

 日本市民スポーツ連盟県公認大会の一つで、町と福島民報社が主催した。三春大神宮をはじめとした寺社、三春城跡、明徳門といった史跡など、歴史と文化に触れる約10キロのコースを設定した。参加者は思い思いのペースで散策した。

 体調の確認や手指の消毒、マスクの着用など新型コロナウイルス感染拡大防止に努め、実施した。

 出発に先立ち開会式を行い、坂本浩之町長があいさつした。