福島県双葉町で風とロックCARAVAN 県内全市町村開催を達成

2021/12/05 09:37

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
「予定~双葉に帰ったら」を披露する(左から)箭内さん、富沢さん、TOSHI―LOWさん、aveさん
「予定~双葉に帰ったら」を披露する(左から)箭内さん、富沢さん、TOSHI―LOWさん、aveさん

 福島県内59市町村を巡り、古里の魅力を発信するイベント「風とロックCARAVAN福島」は4日、福島県双葉町産業交流センターで開かれ、地域文化をテーマにしたトークショーや音楽ライブを繰り広げた。今回のイベントで、スタートから9年目で県内全市町村での開催を達成した。

 トークショーでは伊沢史朗町長、町のファストフード店「ペンギン」の店主山本敦子さん、東日本大震災・原子力災害伝承館職員の加井佑佳さんが登場し、郡山市出身のクリエイティブディレクター箭内道彦さんと意見を交わした。引き続き、写真家の石井麻木さんが箭内さんとトークを繰り広げた。

 音楽ライブは、TOSHI―LOWさん(BRAHMAN/OAU)、福島県いわき市出身のミュージシャン富沢タクさん、福島市を拠点に活動するシンガー・ソングライターのave(エイブ)さんが出演した。ライブ終盤には箭内さんも加わり、双葉町への思いを表現した曲「予定~双葉に帰ったら」を披露した。ラジオ福島がイベントの様子を生放送した。

 風とロック、福島民報社、ラジオ福島の主催。かんのや、大清プロダクション、天神浜オートキャンプ場、日本たばこ産業の協賛。双葉町の後援。箭内さんが中心となって企画・運営している。

   ◇ ◇

 「風とロックCARAVAN福島」は今後も継続して開催する。次回は来年1月22日に開かれる。開催地は未定。